うわ、何か臭うよ!そう言われないために、アソこのにおいには十分気をつけておくことが重要!

アソこのにおいって気になりますよね。特に女の子は自分の問題ですから、男性から指摘されたりしたら一大事です。

 

「あいつ、アソこのにおい漂ってくるくらい臭いんだぜ。」

 

などと男うちで話されたら、恥ずかしくて誰にも会えなくなってしまいます。

 

果たしてその原因は何なのでしょう?単に清潔に洗っていないだけとは思えないのですが・・。

 

ここでは、アソこのにおいの原因について、ご紹介します。

 

ひどいっ!こんな臭ったら嫌われてしまう!アソこのにおいの原因

「携帯用ビデで洗い過ぎ」

アソこを洗い過ぎるとにおいがキツくなります。ちょっとびっくりですけど、そういう話はよく聞きますね。

 

なぜかと言うと、ビデや石鹸には殺菌力の高い成分が含まれています。

 

それが自浄作用を弱めてしまうことがあるんですよ。

 

要は善玉も悪玉と一緒にやっつけてしまうから、アソこのにおいが際立つようになってしまうということ。これは注意したいですね。

 

「偏った食事」

最近の女の子は、ファーストフードの揚げ物や動物性脂肪の多いものを食べ過ぎです。

 

中でも、レバーや肉の脂身・卵黄・バター・クリームなどを摂取していると、皮脂が詰まって老廃物が体内に残るようになります。

 

こうなると、おりものや汗が臭うようになって、アソこのにおいがキツくなってしまうのです。

 

偏食していませんか?今日からでもバランスの良い食事を心がけましょう。

 

「運動不足」

運動不足は臭いの大敵です。新陳代謝が弱まって、汗そのものが臭くなってしまうんですよ。

 

こうなると取り返しがつかなくなります。

 

すぐに日常生活のリズムを改善して、運動不足を解消するようにしましょう。

 

汗がサラサラせずにベトベトしてるな、と感じたら危険信号です。

 

「性病」

性病にかかっていると、アソこのにおいは強烈になりますよ。例えばクラミジアやトリコモナスなど。

 

腐敗したものがそこにあるような臭いなので、すぐに気づくはずです。

 

病院へ行って治療してもらうしかないでしょうね。

 

男性とセックスした後の1週間は、特に伝染されていないか気をつけたいものです。

 

「生理やおりもの」

最も臭いを発生させるのが、生理やおりものです。これは全ての女の子に当てはまる事例ですから、注意しましょう。

 

いわゆる量が増える年齢というのがあって、それが10代から30代にかけて多くなるといわれています。

 

一番男性と遊びたいときに臭いを気にしなければならないなんて、面倒な話ですが十分注意してください。

 

常にヘンな臭いがしていないか意識し、生理のときのおりものの量も把握しておきましょう。